近年在宅のニーズが高まっており、薬剤師の介入する機会も増えてきています。
そこで、薬剤師が知っておきたい訪問可能性のある施設を紹介します。

施設の種類

高齢者用の施設は大きく分けて、公的な施設と民間の施設に分けられます。
下の表がその種類と数になります。
ここでは、この中で数が多いものを中心に紹介し、最後に薬局として管理指導の算定の可否について触れたいと思います。

老人ホームの種類・類型 ホームの数 居室数
民間 運営 有料老人ホーム 介護付有料老人ホーム 3,308 203,914
住宅型有料老人ホーム 5,100 143,466
健康型有料老人ホーム 16 611
その他の 施設 サービス付き高齢者向け住宅 4,555 146,544
グループホーム 12,537 189,996
シルバーハウジング 883 23,771
公的 施設 介護保険施設 特別養護老人ホーム 7,865 516,000
介護老人保健施設 3,994 349,900
介護療養型医療施設 1,575 70,300
福祉施設 ケアハウス 2,182 91,474
養護老人ホーム 953 65,113

出典:厚生労働省「介護を受けながら暮らす高齢者向け住まいについて

・特別用語老人ホーム(特養)
運営主体は地方公共団体や社会福祉法人であり、介護保険の適用の施設です。
入居条件は65歳以上且つ要介護1以上の方(平成27年4月以降の新規申し込みは要介護3以上)に限られ、高度な医療処置が必要な場合や、常時医療対応が必要な場合は入居できないことが多いです。
食事や排泄の介助などの介護サービスが中心で、1度入所した方の多くはそこで余生を過ごすことが多い施設でもあります。

・介護老人保健施設(老健)
介護保険法適用施設で、運営主体の多くは医療法人です。
老健は介護老人保健施設(従来型老健)と介護療養型老人保健施設(療養型老健)の2つに分けられます。
前者は65歳以上で、医療ケアやリハビリを必要とする重度の要介護1以上の方が入所基準になります。
食事や排泄の介助などの介護サービスのほか、医療看護サービス、機能訓練やリハビリなどを行い居宅における生活への復帰を目指す施設です。そのため通常3ヶ月ごとに退所あるいは入所継続の検討がなされ、退所可能と判断されれば対処となります。
後者の入所基準は、医学的管理が必要な65歳以上で要介護1以上という基本条件のほか、「長期入院を必要としない」「伝染病などの疾患がない」など地域や施設によって様々で、詳細は施設に問い合わせる必要があります。
介護老人保健施設と介護療養型医療施設の中間的な位置付けで、医療や介護に重点を置いており胃ろうや痰の吸引、床ずれなど日常的に医療ケアが必要な方を受け入れる施設です。介護療養型医療施設の親切が認められず廃止が決まっている現状では、需要が高まっている施設です。

・介護つき有料老人ホーム
介護などのサービスがついた民間の高齢者向け居住施設。介護サービスを利用するため65歳以上が入所条件です。
レクリエーションが充実していたり、重度の介護状態でも住み続けられたり、医療ケアにも対応している施設があるなど施設によって様々な特徴があります。

・住宅型有料老人ホーム
原則として60歳以上の軽度の要介護者が入居の対象になります。
生活の援助や緊急時の対応、レクリエーションなどのサービスが受けられます。
介護が必要になった場合には、地域の訪問介護などの介護サービスを利用しながら施設の居室での生活を続けることができます。

・サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)

都道府県や中核市への登録制の高齢者向け住宅。入居者は60歳以上の高齢者または要介護・要支援認定者及びその配偶者などです。
住居は一定の基準を満たした面積や構造で、ケアの専門家による安否確認や生活相談サービスが提供され、介護については訪問介護サービスを利用します。

・グループホーム
認知症の高齢者の居住施設です。65歳以上かつ要支援2以上の認知症患者であって、施設のある市町村に住民登録があることが入所条件になります。
認知症の利用者への専門的なケアサービスを提供し、食事や入浴などの支援や機能訓練などのサービスも受けられます。
1つの共同生活住居は9人未満と少人数で、介護スタッフとともに生活を送ります。
最近では医療連携加算や看取り加算が導入され、グループホームで余生を送ることも増えてきている。

各施設における管理指導の算定可否

各施設利用者に対しての在宅患者訪問薬剤管理指導、居宅療養管理指導の算定可否については下の表のとおりになります。

居宅療養管理指導費を算定している場合は、薬剤服用歴管理指導料は原則算定できません。(例外もあり)

老人ホームの種類・類型 居宅療養管理指導 在宅患者訪問薬剤管理指導
民間 運営 有料老人ホーム 介護付有料老人ホーム
住宅型有料老人ホーム
健康型有料老人ホーム
その他の 施設 サービス付き高齢者向け住宅
グループホーム ×(介護保険優先)
公的 施設 介護保険施設 特別養護老人ホーム × ×
介護老人保健施設 × ×

※末期の悪性腫瘍患者は算定可

介護療養型医療施設
福祉施設 ケアハウス
養護老人ホーム ×