病院薬剤師って何するの?

病院薬剤師の仕事は、外来にて診察に来られた患者さんに対して医師が処方した医薬品を調剤しお渡ししたり、入院患者にお薬をお渡しすることが中心となります。

・調剤業務とは

調剤業務には、計数調剤、計量調剤、混合調剤、注射剤の調整があります。

計数調剤は、錠剤やカプセルを医師が処方した通りの数量(計数)を患者様に渡しすることです。非常にシンプルなお仕事ですが、同じような名前のお薬はたくさんありますので、適切に調剤することが重要です。

計量調剤は、患者さんの症状や体重に応じて処方された量を測りとり、1回分ごとに服用できるように調剤することです。粉薬や水薬が該当します。お薬によっては、計量を間違ってしまうと非常に重篤な副作用を起こすお薬もありますので、注意が必要です。

混合調剤とは、2種類以上の軟膏やクリームを、ヘラを用いて混ぜ合わせることです。

注射剤の調整とは、クリーンベンチやクリーンルームと呼ばれる無菌環境において、バイアル(小さな容器)に入ったお薬を点滴などの輸液に混ぜ合わせることです。お薬によっては、調整の順番やスピードなどが厳密に決められているものもあります。

・監査業務とは

調剤したお薬を誰もチェックせずに患者さんにお渡しすることは、基本的にありません。したがって、調剤した人とは別の人が、チェックします。それを監査と呼びます。監査者は調剤した人とは別の人が行います。この監査者のチェックを通過したお薬だけが患者さんに渡されます。

したがって、医薬品の知識や処方量などが頭に入っている必要があるため、新人の薬剤師が行うことはありません。ある程度経験を積んだ薬剤師が担当します。

・処方箋の確認

薬剤師の仕事は、医師が記載した処方箋にしたがって調剤するだけではありません。処方箋の記載が正しいかどうかを確認する必要があります。この仕事が最も重要なお仕事です。患者さんの疾患に対して処方薬が正しいのか、用量は適切かなどを確認します。もし、間違いがあれば医師に対して疑義照会(問い合わせ)を行います。したがって、薬剤師は処方箋の最終確認者でもあります。

・服薬指導業務

患者さんがお薬を適切に服用・使用できるように、外来・入院患者さんに対して、服用・使用方法の説明を行います。食事などとの注意点や、副作用の説明などもあわせて行います。

また、薬歴と呼ばれる薬の記録がありますが、薬歴に服薬指導の内容を記録します。これによって患者さんに対して、より適切な服薬指導ができるようになります。

・調剤薬局では行わない業務

まれに大型の調剤薬局で行っていることもありますが、注射剤の調整はほぼ病院で行われます。また調剤薬局の場合入院設備を持ちませんので、服薬指導は外来の患者さんのみが対象となります。

給料はどのくらい?

病院薬剤師の給与は、残念ながら薬剤師が就くことができる職業の中で、最も低いといわれています。

新卒者で、月20万円~24万円、年収300円~350万円程度です。調剤薬局の場合、薬剤師手当てというものがあり、5万円~10万円程度の手当てがありますが、病院薬剤師の場合、そもそもこの手当てがまったくないか、あったとしても1万円程度です。

年次の昇給はありますが、月5000円~1万円程度です。能力給という考え方はありませんので、勤続年数に応じて給料が増えることになります。ただし、病院によっては、「がん専門薬剤師」「がん薬物療法認定薬剤師」「外来がん治療認定薬剤師」という認定資格を持っていると保険点数を追加請求できるため、別途手当てを支給する場合もあるようです。

主任や薬剤課長、部長などのように役職がつくごとに給料は増えますが、薬剤部長(40歳以上)となった場合でも、多くて年収800万円程度と言われています。ただし、その役職自体が少ないのでそこまで行くのは中々難しいです。

しかし、給料以外の福利厚生が充実しています。

例えば、病院内に病院スタッフ専用の託児所が設けられていることもあります。また、ご自身が勤務している病院で診察・治療を受けた場合、ご自身が負担する3割分のうち、1割~2割を病院が負担してくれるということもあるようです。