COPDとは

COPD=Chronic Obstructive Pulmonary Disease(慢性閉塞性肺疾患)の頭文字をとった名称。
タバコ煙を主とする有害物質を長期に吸入曝露することで生じた肺の炎症性疾患です。

COPD患者数

日本のCOPD患者は40歳以上は約530万人、70歳以上では約210万人がCOPDにかかっていると推定されています。
COPDの最大の原因は喫煙であり、COPD患者の約90%には喫煙歴があります。
喫煙習慣を背景に中高年に発症する生活習慣病といえます。
非喫煙者も副流煙によりCOPDにかかる可能性は高いとされています。

またCOPDによる死亡率は、喫煙者では非喫煙者に比べて約10倍高くなります。
しかし、約90%の患者は見過ごされている可能性が高いのです。
そこで薬剤師は潜在患者を拾い上げ治療につながる努力が求められます。

潜在患者を拾い上げるには

COPD患者の約90%には喫煙歴があり、持続的な喫煙による健康被害は全身に及び併存疾患が多いのが特徴です。
高齢者で喫煙歴があれば糖尿病や骨粗しょう症、心血管系疾患の背後にはCOPDが潜んでいる可能性があるのです。
喫煙歴や自覚症状を確認し、呼吸器疾患と関係ない疾患でもCOPDを疑う目が大切です。
では実際にCOPD患者への服薬指導の際気を付けるポイントを次で見ていきましょう。

服薬指導で重要なポイント

①患者自身のCOPDへの理解度を確認
上述にもありますが、「タバコ煙が原因であること」や「併存疾患が多いこと」など、患者が自分の病気のことを正しく理解しているかどうかをチェックすることが大切です。
喫煙者であれば、「禁煙のモチベーション」があるかを確認したり、非喫煙者にとっては喫煙者以上にタバコ煙は有害であることなど、第一に有害物質(タバコ煙など)から避けるよう指導していくことが重要です。

②医師の処方意図を理解した上で薬剤の使い方を説明すること
説明したことを患者がどう受け取るかが問題になります。
COPDにおける吸入療法は副作用を考えたとき最も適切な方法ですが、吸入デバイスの使い方をマスターすることが必須です。
しかし吸入デバイスの使い方を患者が正しく理解できないまま使用を続ければ、改善するばかりか、むしろ悪化することもあります。
各デバイスの操作方法を動画で学習後、復習テストにより間違った箇所を重点的に指導できるシステムもあります。
多種多様なデバイスに詳しくない薬剤師も利用してみてはいかがでしょうか。

③増悪時の対処法
COPDが増悪する原因として挙げられるのは感染症です。
特にインフルエンザ感染は要注意です。
ガイドラインによると、インフルエンザワクチン接種はCOPD増悪による死亡率を50%低下させ、肺炎球菌ワクチンは高齢者のCOPD患者にとって有用性は高いそうです。
インフルエンザや肺炎球菌ワクチンの接種も対処の一つになるでしょう。

また患者は症状を「年のせい」や「このくらいの症状はいつものこと」と過小評価する傾向があります。
増悪を医師や薬剤師に話さない例も少なくありません。
患者の話だけで判断せず、できるだけ具体的な質問を心がけると患者も話しやすくなるのではないでしょうか。何気ない質問から引き出せることもあるかと思います。

服薬指導の効果

〈例〉
COPDと診断され吸入薬が処方されてから半年ほど経過しても改善は乏しく、むしろ悪化していたケースがあった。
実際にCOPD患者にデモ機で吸入を行ってもらうと噴霧ボタンを押すタイミングと吸入のタイミングを間違えたまま吸入をしていることがわかった。
改めて指導すると、吸入も正しく継続的に使用できるようになりCAT(COPDスコア)も改善した。

このように患者にとってはタイミングや順番を合っていると勘違いしたまま吸入し続けていることもあります。
服薬指導の際は、初めて使用する患者に説明することはもちろんですが、同じ吸入デバイスを使用している患者にも正しい使い方ができているか復習してもらうことも指導の一つです。
そして繰り返し指導することが、患者が症状をコントロールするために重要であるといえます。

さいごに

COPDは症状をコントロールすることが重要な疾患です。
コントロールすることで増悪を防ぎ、病気の進展を抑制できます。
丁寧な服薬指導により、症状を良好にコントロールした症例も過去にはあります。
COPDがどういうものか、患者一人一人に理解してもらえるように話すことで正しい理解につながり、治療の継続やよりよい治療効果につながるのではないでしょうか。

参考文献:Credentials No.107 August 2017