薬剤師が転職活動する時!服装は何を選ぶべき?

薬剤師は長く働ける仕事として人気がありますが、転職活動に関することはあまり情報がなく、いざ転職しようとしても何をどうすべきかわからない、では困ってしまいます。
薬剤師転職に必要なビジネスマナーを紹介します。

・薬剤師転職での服装は?

薬剤師の多くは仕事をしている時は白衣を着用します。
白衣は医師が着るものというイメージがありますが、薬剤師のユニフォームも白衣であることが多いのです。
転職したいと思う理由は人により実に様々ですが、例えば医師も転職をすることがありますし、転職先に面接や挨拶に行く時は白衣ではなくスーツを着用します。
これは薬剤師も同じで、面接や転職先に出向く機会がある場合は、必ずスーツを着用しましょう。

スーツといっても、派手すぎずTPOをわきまえていることが大切です。
新卒で就職活動をする時は、リクルートスーツが定番となっていますので、転職時にもリクルートスーツが無難です。
手持ちのスーツがあるならそれでもいいですが、ヨレヨレのスーツしかない場合は手頃な値段のものを一式揃えておきたいところです。

・服装以外に注意すべき点

薬剤師転職の服装はリクルートスーツを選びますが、スーツをきちんと着こなしていないと面接時の印象を悪くしてしまいます。
特に薬剤師は医療従事者ですから、見た目の印象は意外と重要です。
いくら仕事ができたとしても、人を不快にするような身なりではNGとなってしまいます。
医療従事者としての自覚を持ち、清潔感を重視してください。

男性の場合は、ワイシャツのボタンをきちんとはめ、ネクタイもきちんと締めておきます。ワイシャツにはアイロンをかけておき、もちろんスーツにもシワができないよう注意します。
髪型はある程度自由という部分はありますが、寝ぐせをつけたまま、伸び放題のボサボサヘアは印象を悪くします。
面接前に美容院や理髪店に行き、ふぞろいの部分をカットするなどして整えておきましょう。
無精ひげもあまりいい印象を与えませんので、朝きちんと剃っておきます。

女性の場合もリクルートスーツが無難でしょう。
他のスーツでもOKですが、色合いなど派手すぎず紺やグレーなど落ち着いた色がおすすめです。
ブラウスやワイシャツにはアイロンをかけ、第1ボタンまできちんととめておきます。
髪が長い人は1つに結び、短い人はボサボサにならないようワックスなどで整えておきます。
メイクも派手にならないようナチュラルメイクを心がけます。
派手になるからとメイクをせず、すっぴんで面接に行くのも実はマナー違反となるので注意してください。

面接時の服装に合わせて、カバンもできるだけシンプルにします。
普段愛用しているカバンがあっても、派手なロゴや柄物、派手な色の場合はNGとなってしまいます。
靴やカバンは黒を選ぶのが無難です。

・服装以外の注意点

スーツやカバンや靴など、身だしなみにばかり注意が行くと、他がおろそかになってしまいがちです。
例えば普段から香水を愛用している人は、自分のニオイは意外と気づかないものです。
面接にきつい香水の香りはNGとなりますから、当日は香水は控えておくのがおすすめです。

女性のストッキングも意外と見落としがちですが、無地の肌色がベストです。
ない場合はコンビニでも売っていますから急な場合でも準備しやすいですし、柄物や網タイツは面接には不向きと覚えておいてください。
男性の場合は靴下の色に注意が必要です。
見えないと思われがちですが、椅子に腰掛けた時足元に原色や柄が見えると印象を悪くする可能性があります。
スーツに合わせて、目立たない色を選びましょう。

ネクタイをしていても、ヨレヨレだったり、シミが付いていたりすれば清潔感とはかけ離れてしまいます。
スーツやワイシャツ、ネクタイなどは前もってクリーニングに出しておくと安心です。
足元も見落としがちです。
靴に泥はねや汚れが付いていると、だらしない印象を与えていまいかねません。
色落ちや傷だらけの靴しかない場合は、スーツを買う時についでに揃えておくと便利です。
1日履き終わったら、布で汚れを拭き取り、ブラシでホコリを落としておくなど、いつでも綺麗な状態で履けるようにしておきましょう。