薬剤師の給料事情

薬剤師の給料は他の業界から見ると魅力的に感じます。
実際に薬剤師として働いている方の話を聞いてみると給料に満足している方もいました。
しかし不満を持っているという方が意外と多かったのです。

どんな職種においても年収は多いほうが良いに決まっていると感じました。
では、実際に給料を上げる方法はあるのでしょうか。

給料を上げる方法①

「地方の調剤薬局で働く」
地方の調剤薬局では高給料の求人が多数あります。
地方、特に僻地に行くほど給料が高くなる傾向があります。

給料が高いからといって、忙しすぎることや重労働が課せられるということではありません。
人手不足によって給料が高いのです。
勤務場所にこだわらない方は地方も検討材料の一つになるのではないでしょうか。

給料を上げる方法②

「管理薬剤師になる」
“家庭もあるし、地方には行けない”、“都会で働きたい”という方もいらっしゃると思います。
そんな方にお勧めなのが、管理薬剤師になることです。
なぜかというと勤務薬剤師の平均年収が400万円に対し、管理薬剤師の平均年収は500万円

=平均年収で100万円もの差がある!

会社によっても金額も様々で、責任の重さや仕事内容も変わります。
勤務薬剤師のような働き方ではなくなりますが、その分やりがいを感じられることも増えると思います。
また、薬剤師年数が浅ければさほど気にならないですが、年数が長い方ほど転職する際にも管理薬剤師の経験ありと管理薬剤師経験なしでは大きく影響が出てきます。
まだ管理薬剤師の経験がない人は考えてみても良いのではないでしょうか。

給料を上げる方法③

「独立して経営者になる」
薬局経営者の年収目安は1500~1800万円
金額だけみればとても魅力的な年収です。

しかしこれはあくまでも目安です。リスクはつきもので最初からこの年収が稼げるわけではありません。
軌道に乗るまでの時間やコストもかかり、軌道に乗ったあとは安定した経営をしていかなくてはなりません。

経営の仕方によっては、数千万円を稼ぐことも可能ではあります。
そのためにもしっかりとした情報収集をしてから、独立を考えてみても良いのではないでしょうか。
まずは、独立した経験のある方の体験記があるのでコチラを参考にしてみてください。

給料を上げる方法④

これまで調剤薬局での働き方についての方法を挙げました。
薬剤師として働く場所は調剤薬局だけにとどまりません。
病院やドラッグストア・研究職・製薬会社など」様々です。

例えば、ドラッグストアの店長クラスですと年収700万円、製薬会社でのMRでは年収800万円も稼ぐことも可能となります。
企業によっては1000万円以上の年収の場合もあるのです。

もちろん、職種によって仕事内容も変わってきます。
 調剤薬局しか考えてなかった方も、視野を広げて仕事内容をしっかり把握した上で様々な職種を検討してみても良いのではないでしょうか。

さいごに

今回の記事では、給料を上げる方法をいくつか挙げてみました。
働き方ひとつで年収も変わってくることが理解できたと思います。
これを機に、これまでの経験を活かせるご自身に合った働き方を考えてみてもいいかと思います。