元採用担当者が教える面接のポイント

いざ転職活動をするとき、求職者が不安になる1つとして”採用面接”が挙げられるのではないでしょうか。
 採用担当者は何を見ているんだろう・何を対策していけばいいのだろう・・・などなど
そんな不安を解消するポイントを元採用担当者が教えちゃいます。

まずはじめに

採用担当者は面接の時、”履歴書”と”職務経歴書”など求職者から預かった資料を見ながら求職者にいろいろと質問をします。
記載していることと相違がないことを確かめながら、どうしてうちを選んでくれたのか・採用後の将来像は合っているか・・・
など30分~1時間の面接の中で質問しながらあなたの考えを引き出し、会社にとって必要な人物かどうかを決めていきます。
質問されることは想定できるので、どんな質問がされるのかを予想して対策して面接に臨む方は多いのではないでしょうか。
しかし、私は質疑応答ももちろんですが、限られた時間の中でどういった人物なのか判断するために他に注目していたポイントがありました。

どういうポイントを注目していたのか、次で見ていきましょう。

 

採用面接で注目していたポイント

元採用担当者の私は、採用面接する際必ず見る重要なポイントがありました。
それは、
①挨拶がしっかりできているか
②相手の目を見て話しているか
③明るい表情をしているか

以上の3点でした。「それくらい普通にできるよ」と思った方は多いのではないでしょうか?
この3点は普段生活をしているときは気にしない方も多いかもしれません。
しかし、面接となると初めて会う採用担当者の前や面接会場の独特の雰囲気、緊張・不安…などいろんなことが重なり普段の自分を出せないこともあるのです。
こういったことを事前に知っておけば、知らないときと比べて心構えも変わってくると思います。

それでは一つずつ詳しく見ていきましょう。

①挨拶がしっかりできているか
ただ挨拶するだけではなく、しっかりというところがポイントです。
採用面接をしていると緊張や不安から声が小さくなってしまう方は多く、聞き取りにくいこともありました。
挨拶はコミュニケーションをとる最初の一言目、いわゆる第一印象になります。
この第一印象が良いのと悪いのではその後の印象も変わってきます。
相手が聞き取りやすい声でしっかり挨拶しましょう。
また最後の挨拶も忘れずに。
 面接官は最後まで見ています。面接が終わったからと気をぬかないようにしましょう。

②相手の目を見て話しているか
“相手の目を見て話す” これ、実はできていない人多いです。
下を向いて話していたり、目が泳いでいたり・・相手からすると自信がないように見えてしまうので気を付けましょう。
また、見るといっても凝視しないことも大切です。
これは面接以外の普段の生活でもそうですが、凝視され続けると相手は威圧感を感じてしまいます。
適度に視線を外しながら話すことを心がけましょう。

また、採用担当者が複数人いるときの場合ですが、質問者だけ見て答えていることはありませんか?
もちろん話している人を見ることは大切です。しかし質問した内容はそこにいる採用担当者全員がどんな答えをするのか聞いています。
質問者をメインに他の採用担当者にも伝えたいという意思表示も含め、採用担当者全員の目を見ながら話してみましょう。

③明るい表情をしているか
薬局や医療施設の従事者など患者さんと直接話す薬剤師の表情が、暗かったりわかりにくいと患者さんもこの人に任せて大丈夫かなと不安に思ってしまいます。
明るい表情は笑顔が見え、表情が柔らかいことが多いです。すると相手は安心でき印象も良くなります。それは採用担当者も同じです。

しかし笑顔にし続けたり、表情を柔らかくし続ければ良いというわけではありません。
ずっと笑顔でいられると相手はヘラヘラしすぎてるように見え、馬鹿にされているのではと思ったり、話を聞いているのかわからなくなってしまいます。
 笑顔にしたり、表情を柔らかくするタイミングが難しいという方は、相手に合わせてみてもいいかもしれません。

 

ポイントは3点といってもそこから見えてくるものはたくさんあるのです。
ここでお伝えしたポイントは元採用担当者の私が重要にしていたポイントであって、他にも見ていたポイントはありました。そして、採用担当者が変われば重要にしているポイントも変わってきます。
ですので、面接するときには相手の意図を考えながら面接していくと良いのではないでしょうか。

見るのは採用側だけではない

「え?どういうこと?」と思った方もいるのではないでしょうか。
自分が採用してもらう側だと緊張や不安で面接でいっぱいいっぱいだと思います。
でも就職したら会社だけでなく自分自身の将来にもつながるのです。
そのため採用担当であった私は会社を見ていただき自分の将来を決めてほしいと思っていました。

採用面接は採用側だけでなく、求職者が会社を見るのに良い機会です。
会社の雰囲気は面接会場に限らず会社の入り口から感じることができますし、面接会場が実際に働く現場であれば、採用後はそこで働いている人たちと一緒に働くことになります。
ぜひ見てみる良い機会だと思って採用面接に臨んでみてはいかがでしょうか。

最後に

元採用担当者からみた面接のポイントはいかがでしたでしょうか。
自分が採用担当者ならどこを見るか・どういった人物を採用したいかなど相手の立場になって考えてみるのも良いかもしれません。
この記事を見て緊張や不安が少しでも和らぎ、良い面接に繋がることができれば幸いです。