夏バテの話は定番

今年も暑い日が続いて夏バテになっている人を多く見かけます。
薬剤師の方は服薬指導の中でもそんな話になることは多いかと思います。
そこで今回は、患者さんに夏バテって何?夏バテににいい食事って何?と聞かれたときに困らないように、この時期に適した食事についてお話したいと思います。

夏バテとは?

そもそも医学用語で夏バテというものはありません。夏バテという言葉は毎年当たり前のように使われますが、一体どんな症状のことをいうのでしょうか?
人は外気温が上がると、体の体温調節機構により汗をかくなどの反応を起こし、体温を一定に保とうとします。しかし、外気温の上昇に調節機構が追いつけなくなると自立神経のバランスを崩していまします。エアコンなどにより室内と室外の温度差が大きいことも原因の一つです。
自律神経が乱れると、疲れやすくなったり、食欲がなくなったり、眠りづらくなってしまいます。
これが俗に夏バテと言われます。

夏バテに効く栄養素

そんな夏バテにはどんな食事が良いのか。
暑さに負けにくく、体調を崩しづらい体をつくる栄養素を紹介したいと思います。
・タンパク質
夏は暑いのでそうめんやうどんなど冷たくて、のど越しが良いものを多く食べがちです。そうなると炭水化物は多く取れるのですが、体を作るタンパク質は不足しがちです。
卵、肉、魚、大豆、牛乳などに多く含まれます。
・ビタミンB1
ビタミンB1は糖質からエネルギーを作ったり、皮膚や粘膜の健康維持を助ける働きをします。疲労回復にも効果のある栄養素として有名なビタミンです。
豚肉、レバー、枝豆、豆腐などに含まれます。夏は冷しゃぶなどで食べたいところですが、
ビタミンB1は水溶性ビタミンなので、ゆでている間に溶けでやすい成分です。
ゆで<焼き<揚げ(カツなど)の順で栄養素が逃げにくいそうです。

食欲を取り戻す

暑くて食欲もでないという方にはスパイスや調味料で工夫しましょう。
・カレー粉
中に様々なスパイスが含まれているので食欲や代謝を増進させます
・酢やレモンなどのクエン酸
後味がさっぱりするだけでなく、疲労回復にも一役買ってくれます。

旬の野菜

旬の野菜はその時期に一番おいしいだけでなく栄養も豊富です。さらに夏野菜は体を冷やしてくれるものも多いので積極的に取り入れましょう。
・きゅうり、ナス、トマト、シシトウ、シソ、ピーマン、オクラ、トウモロコシ、カボチャなど