調剤薬局での仕事とは?

薬剤師にとって最もメジャーな職業は調剤薬局ではないでしょうか?

学生の実習でも体験しますし、1度くらい自分でもかかったことがあるかと思います。

おさらいも兼ね調剤薬局ではどんな仕事をするのか、給料はどのくらいもらえるのかみていきましょう。

処方箋を受け取ることから薬歴記載まで

まず、処方箋を受け取ることからはじまり、その内容をレセコンに打ち込みます。

処方箋の内容や、打ち込んだ内容に間違いが無いか確認し、調剤、監査を行います。

この時点で重要なのは監査です。処方監査、調剤したものの監査。

調剤したものの監査は処方箋との見比べで済みますが、処方監査は経験がないと中々難しいです。

本来食前のものが食後に出ていたり、子供の体重にあった量が出ていなかったり、併用禁忌のものがでていたり。意外に疑義紹介する内容がたくさんあります。

監査が済んだら投薬です。

患者さんに薬の内容を説明し、今の状況や併用薬の有無、残薬の確認(受付時にもする)などを行います。

患者さんから聞いた内容を薬歴に記載して一通りの業務が終了です。

在宅や地域ケア会議

最近は薬剤師の仕事も変わってきており、地域に出て行く活動も多くなってきました。

患者宅や施設に訪問し薬を届けたり、地域のケア会議などに参加し、ケーススタディや連携の強化を行う機会も多いです。

かかりつけ薬剤師や健康サポート薬局の新設に見られるように、今後も薬局薬剤師を巡る動きは活発化していくと思われます。

給与事情

調剤薬局は大手か中小によって給与は大分変わってきます。

大手調剤

新卒 300万円後半~400万円前半

中堅 450万円~500万円

管理薬剤師 550万円~650万円(年齢や薬局の規模による)

エリアマネージャー 600万~700万円

中小

新卒 400万円~500万円弱

中堅 500万円~600万円強

管理薬剤師 600万円~800万円強

マネージャー 650万円~1000万円

大手のほうが全体的に給与は少ないですが、福利厚生は充実していることが多いです。

ただ、既に上に人数がたくさんいるので、管理薬剤師やマネージャークラスになるのに時間がかかるケースが多いです。

中小はすぐに管理薬剤師クラスになれることは多いですが、規模によってはそこで終了のケースもあります。

自分が何を重視するか、就職、転職の際にはよく担当者と相談してみましょう。